1.段ボールとは

皆さんご存知の段ボール、それは「ライナー」という表面の紙と「中芯(なかしん)」という内側の波状の段でできています。

ライナーにも中芯にも様々な種類があり、その組み合わせで様々な種類の段ボールが作られます。

また材質に関しても、現在は紙製の段ボールだけではなく、プラスチック製の段ボール(プラダン)もあり、九州屋紙器でもプラダンの製品を製造しています。

 

2.厚さ(フルート)

段ボールの厚さは「フルート」と呼ばれます。厚さ約5mmのものを「Aフルート」(A段)、約3mmのものを「Bフルート」(B段)、約1.5mmのものを「Eフルート」(E段)、約0.9mmのものを「Gフルート」(G段)といいます。またAフルートとBフルートを貼り合わせた厚さ約8mmの「Wフルート」(W段)という種類もあります。

 

3.箱の形

上記のような様々な種類の段ボールから作られる箱もまた多種多様です。

もっとも広く使われている箱は、いわゆる「みかん箱タイプ」の箱で、段ボール業界では「A式」と呼ばれます。A式以外にも「キャラメルの箱」のような差し込み口のある箱(B式)、蓋の部分と入れ物が分かれているタイプの箱(C式)等々、普通の紙と同様に段ボールでも中身に応じて様々な形の箱を作ることができます。

 

4.箱以外

段ボールといえば「段ボール箱」がまず思い浮かびます。実際、九州屋紙器でも製造しているほぼすべての製品が段ボール箱です。しかし、段ボールで作れるものは箱だけではありません。衝立や抽斗から携帯用トイレまで、実に様々なものを段ボールで作ることができます。この意味で、段ボールは測り知れないポテンシャルを秘めている素材といえます。

 

5.印刷

段ボールに印刷することももちろん可能です。実際、大半の会社は社名や商品名を印刷したダンボール箱を使っています。

段ボールへの印刷は「フレキソ印刷」が主になります。フレキソ印刷は柔軟性のある凸版を用いてなされる印刷で、印刷面にかかる圧力が強過ぎないので、段ボールの中芯をつぶすことがない上に、比較的低コストな印刷です。